乾燥肌ファンデーション

MENU

乾燥肌の原因

乾燥肌といわれる状態は、皮膚の表面の潤いが不足して柔軟性が失われ、肌がかさついたり、ひび割れを起こしている状態のことをいいます。
この乾燥肌になってしまう原因には、皮脂膜をつくるために必要な、皮脂の分泌量が減少していることがあげられます。

 

角質細胞内にある、NMFと呼ばれる水分量を一定に保つ働きをもっている物質の低下や、セラミドという成分を含んでいる、角質細胞間脂質の不足なども、乾燥肌の原因と考えられています。

 

ヒトの肌には、皮膚に潤いを与える保湿能力が備わっているのですが、いくつかの日常生活の習慣によって、保湿能力が低下するといわれています。

 

 

それには、スキンケアの方法、食生活や生活習慣などが関係しているとされています。過度な洗顔や回数をすることで、肌の水分量が減少することになるので、洗い方に気をつけてその後保湿を忘れずに行うことが大切になります。

 

また、偏った食事の内容やファストフードを多く摂りすぎることは、避けたいものです。睡眠不足やストレスなども、保湿機能が低下することになるため、バランスの良い食生活を心がけて、生活習慣を見直すことで、乾燥肌を改善する方向にもっていくことができるでしょう。